麗しきジュエリーの世界

芸術・伝統

先日、国際宝飾展に行ってきました。
どこもかしこも宝石だらけ。美しく磨き上げられた貴石・半貴石の輝きは永遠…

世界中からバイヤーさんが集い、商談に持ち込んだり、余裕のある一般の方は買い物に夢中になったりと…様々な客層が一堂に会する場内は、異様な空気に包まれていました。
特に興味を惹かれたのが、中国系の方のビジネス。インスタライブのようなアプリを使用し、遠くにいるお客様に次々に商品を見せ、コメント欄の反応を見て、競売?のようなことをしていました。近くでお見かけしただけなので詳しくは分からないけれど、ユニークだなぁと…

私はというと、場内を歩き回り、大きなパライバトルマリンを眺めたり(まるで夏の太陽に煌く流水を掬い上げたようだった)、珍しいロシア産のエメラルドや、インクルージョンのほとんどないルースを間近で見せていただいたりと、たくさん楽しませていただきました。宝石についてもっと知りたくなりました。

写真は、京都に本店を構える”kagayoi“さんの”はなかざり”という作品。こちらの店員さんがとても優しく、いろいろなことを教えてくださいました。
kagayoiさんのこだわりについては、また次回。

comment